コンプラ 問題

  • 企業法務を弁護士に依頼するメリット

    企業法務に該当する業務の例としては、契約書の作成やリーガルチェック、株式の譲渡や株主総会の開催、倒産が懸念される取引先からの債権回収、顧客との紛争解決、コンプライアンス体制の構築など、幅広い業務があります。このように、企業法務に該当する業務が幅広いために、多くの方が企業法務について理解しづらいと感じられてしまって...

  • コンプライアンス体制構築の重要性

    「従業員に対してコンプライアンス研修を実施したいと考えているが、どういった方法が効果的なのだろうか。「内部通報制度を整備しているが、有効に機能しているかどうか分からない。より適切な制度設計は可能だろうか。コンプライアンス体制について、こうしたお悩みをお持ちの経営職の方、管理職の方は決して少なくありません。 このペ...

  • リーガルチェックの重要性

    依頼内容に問題がないかどうかどのように判断するべきだろうか。契約書の内容について、こうしたお悩みをお持ちの経営職の方、管理職の方は決して少なくありません。 このページでは、企業法務にまつわる数多くのテーマのなかから、リーガルチェックについてスポットライトをあて、くわしくご説明します。 ■リーガルチェックとはリーガ...

  • 顧問弁護士がいるメリット

    また、初めて会う弁護士に、会社の内部の重要な問題について相談することは、ハードルが高いということもあるでしょう。顧問弁護士であれば、会社について理解が深い立場で相談を受けることができ、かつ、社内の問題に対しても事情を踏まえたより適切な対応を検討することができます。 このように、企業にとって顧問弁護士は、心強いパー...

  • 不動産トラブルを弁護士に相談するメリット

    弁護士は民法、借地借家法その他様々な法律に関して精通しておりますし、日頃から不動産に関する一般民事を扱っている弁護士であればそのような不動産関連の法律問題に関しても豊富な経験を有しています。さらに、訴訟額の大小や事案に関わりなく訴訟代理人となれるのは数ある士業の中でも弁護士だけですから、訴訟額が大きく大規模な訴訟...

  • 不動産相続トラブル

    不動産の相続に際しては様々な問題が発生する恐れがあります。具体的には不動産の資産価値の把握、不動産の分割方法に関して問題となることが多いです。 ■不動産の資産価値の把握相続をする際の相続財産の把握及び遺産分割協議に際しては不動産の資産価値をしっかりと適正に把握しておく必要があります。不動産の資産価値を不当に高く、...

  • 立ち退き・明け渡し問題

    中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県で債権回収、介護事業、不動産、企業法務など法律問題全般について対応しています。豊富な経験を有する弁護士がご依頼者様に寄り添って法律問題を解決しますので何かお困りの事がございましたらお気軽に当事務所までご相談下...

  • 借地借家トラブル

    中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県で債権回収、介護事業、不動産、企業法務など法律問題全般について対応しています。豊富な経験を有する弁護士がご依頼者様に寄り添って法律問題を解決しますので何かお困りの事がございましたらお気軽に当事務所までご相談下...

  • 不動産売買契約トラブル

    中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県で債権回収、介護事業、不動産、企業法務など法律問題全般について対応しています。豊富な経験を有する弁護士がご依頼者様に寄り添って法律問題を解決しますので何かお困りの事がございましたらお気軽に当事務所までご相談下...

  • 介護事業のトラブルを弁護士に相談するメリット

    弁護士は施設の外部者であることから、より客観的な視点から問題を分析することに長けています。問題が大きくなる前に外部者目線の見解を聞くことで、より行政や一般社会を意識した対応がしやすくなります。 ■いざというときの交渉窓口にもし重大なトラブルが発生してしまった場合には相手方や行政、司法、報道などへの対応が必要になり...

  • 職員の労働問題とは

    介護職員とサービス利用者の安全を守るという観点からコンプライアンス体制やメンタルヘルスを充実させていく必要があります。 中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県のお客様から介護事業のトラブルに関する相談を受け付けております。介護事業に明るい弁護士が...

  • 弁護士に債権回収を依頼するメリット

    調停や和解、訴訟など、法律相談から問題解決までの過程にすべて関わることができるのは基本的に弁護士だけです。行政書士や司法書士、税理士などの士業では、業務として行える範囲は決まっており、事件の推移によっては新たに別の専門家に頼まなければならないこともあります。弁護士は、法律業務の全般を行うことが法律上許されており、...

  • 債権回収の方法と流れ

    相手が退去を求めているのに立ち退かない場合は、不退去罪(刑法130条後段)が問題となる場合もあります。相手方と話し合いを行っても返済に応じない場合は、内容証明郵便で督促をしましょう。内容証明郵便による通知は、一般的に訴訟提起の前段階として行われるもので、「返済に応じない場合は裁判を起こす予定だ」ということを示しま...

  • 債権の種類

    金銭債権とは、金銭の引渡しを目的とする債権で、通常、債権回収で問題となるのは金銭債権の回収です。例えば、売掛金や、賃料、貸金などを求める債権は金銭債権ということになります。金銭債権は多くの場合、契約により生じ、また支払時期や返還時期が定められているのが一般的です。 他方、利息債権というものもあります。これは利息の...

SEARCH KEYWORD

よく検索されるキーワード

LAWYER

弁護士紹介

弁護士 福岡祐樹

所属団体
第一東京弁護士会
注力分野

債権回収

介護事業(経営側)

不動産

企業法務

執務方針
依頼者の皆様のご依頼、ご要望を最大限実現するために、誠実に粘り強く取り組みます。
経歴
2002年3月 香川県立高松高等学校 卒業
2006年3月 東京大学法学部 卒業
2008年3月 東京大学大学院法学政治学研究科 卒業
2009年12月

弁護士登録(62期)

田辺総合法律事務所入所

2013年3月 民間企業へ社内弁護士として出向(2016年3月まで)
2016年4月 中嶋法律事務所入所
著書・講演 等

『【Q&A】大規模災害に備える企業法務の課題と実務対応』(清文社・共著)

『会社が労働審判手続を申し立てられた場合の実務対応』

(BUSINESS LAW JOURNAL 2012.3 No.48)

『病院・診療所経営の法律相談』(青林書院・共著)

『企業間契約交渉におけるトラブルと実務上の留意点~契約締結上の過失を中心に~』(BUSINESS LAW JOURNAL 2014.4 No.73)

『わかりやすい保育所運営の手引-Q&Aとトラブル事例-』

(新日本法規・共著)

『逐条 破産法・民事再生法の読み方』(商事法務・共著)

OFFICE

事務所概要

名称 中嶋法律事務所 弁護士 福岡祐樹(ふくおかゆうき)
所在地 〒162-0832 東京都新宿区岩戸町7番地1 牛込神楽坂駅前ビル5F
TEL 03-3260-3620
FAX 03-3269-1300
営業時間 9:30-18:00 ※時間外も対応可能です(要予約)
定休日 土・日・祝 ※休日も対応可能です(要予約)