強制執行 手続き

  • 債権回収の方法と流れ

    (2)調停手続きあくまでも話し合いで解決したいと考えるならば、調停手続きを利用する方法があります。調停手続きでは、裁判官と民間人で構成される調停委員会が当事者の間に入り、当事者間での合意を目指します。調停手続きには強制力はなく、当事者双方の協力し、譲り合わなければ到底成立しません。調停手続きを利用しても話し合いが...

  • 強制執行(差押え)

    強制執行とは強制執行とは、債権者が、債務者に対して有する権利を国家機関により強制的に実現する手続をいいます。債権者が売掛債権や貸金返還請求権などの、契約などに基づいて人に何かをさせる権利を有しているものの、債務者が任意に履行しない場合には、債権者が自力で回収することは法的に禁止されています。そういった場合には,...

  • 強制執行(差押え)の申立の流れ

    強制執行とは、お金を支払わない債務者や、不動産を明け渡さない債務者に対して、裁判所が請求を強制的に実現する手続きのことをいいます。強制執行をするためには、債務名義を得る必要があります。債務名義は、裁判で勝訴判決を得た場合や、相手方との間で裁判上の和解が成立した場合に、得ることができます。 強制執行の中で代表的なも...

  • 支払督促の流れと費用

    その後すみやかに支払いがなされれば紛争は解決しますが、支払督促に納得がいかず、相手方が異議を申し立てた場合、民事訴訟の手続きに移行します。 また、相手方から異議申立てはないものの、支払いがされない場合には、仮執行宣言付支払督促を行います。仮執行宣言付支払督促は、相手方が支払督促を受領した日から2週間以内に督促異議...

  • 立ち退き・明け渡し問題

    もっとも、適切な手続きをとらないでなにもしないままだと、契約が自動的に更新される場合もありますし、借地借家の場合には、更新拒絶のために正当事由が必要となりますので。注意が必要です。 ③中途解約契約期間中においても、賃貸人から中途解約を行うことにより、契約を終了することができます。もっとも、期間の定めの有無、中途解...

  • 借地借家トラブル

    内容証明郵便は内容、差出人、名宛人に関して証明がなされますから、裁判手続きの際に証拠として用いることができます。さらに弁護士の名前で内容証明郵便を送付することによって相手方の任意での返済が期待できます。それでも支払いがない場合には訴訟などの手続きによって強制的に賃料を回収することになります。 ■賃料の増額借地借家...

  • 売掛金の未払い発生時、早めに回収すべき理由とは

    取引先に確認の連絡を入れ、未払い売掛金の支払にいつ応じるかなどを話し合い、うまく合意形成ができないならば、弁護士に相談した上、調停手続きや訴訟手続きに移行することを検討するようにしましょう。 弁護士・福岡 祐樹(中嶋法律事務所)は、債権回収をめぐる様々なお悩みにお応えいたします。新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、...

  • 不動産売買契約書作成時のポイント

    隣地所有者との間で協議が成立せず境界が定まらない場合は、筆界特定手続きを申請するか、筆界確定訴訟を提起することになります。土地の売買契約を締結する際は、十分に調査・確認をするようにしましょう。また建物が越境しているケースなど越境物がある場合は、それを買主が引き継ぐことになるか、売主が引き渡し時までに解消するかを特...

SEARCH KEYWORD

よく検索されるキーワード

LAWYER

弁護士紹介

弁護士 福岡祐樹

所属団体
第一東京弁護士会
注力分野

債権回収

介護事業(経営側)

不動産

企業法務

執務方針
依頼者の皆様のご依頼、ご要望を最大限実現するために、誠実に粘り強く取り組みます。
経歴
2002年3月 香川県立高松高等学校 卒業
2006年3月 東京大学法学部 卒業
2008年3月 東京大学大学院法学政治学研究科 卒業
2009年12月

弁護士登録(62期)

田辺総合法律事務所入所

2013年3月 民間企業へ社内弁護士として出向(2016年3月まで)
2016年4月 中嶋法律事務所入所
著書・講演 等

『【Q&A】大規模災害に備える企業法務の課題と実務対応』(清文社・共著)

『会社が労働審判手続を申し立てられた場合の実務対応』

(BUSINESS LAW JOURNAL 2012.3 No.48)

『病院・診療所経営の法律相談』(青林書院・共著)

『企業間契約交渉におけるトラブルと実務上の留意点~契約締結上の過失を中心に~』(BUSINESS LAW JOURNAL 2014.4 No.73)

『わかりやすい保育所運営の手引-Q&Aとトラブル事例-』

(新日本法規・共著)

『逐条 破産法・民事再生法の読み方』(商事法務・共著)

OFFICE

事務所概要

名称 中嶋法律事務所 弁護士 福岡祐樹(ふくおかゆうき)
所在地 〒162-0832 東京都新宿区岩戸町7番地1 牛込神楽坂駅前ビル5F
TEL 03-3260-3620
FAX 03-3269-1300
営業時間 9:30-18:00 ※時間外も対応可能です(要予約)
定休日 土・日・祝 ※休日も対応可能です(要予約)