不動産売買 契約書

  • 企業法務を弁護士に依頼するメリット

    「民法が大きく改正されたと聞いたので、契約書の見直しを行いたいが、社内に知識のある人材がおらず困っている。「会社として株式の譲渡を行いたいと考えているが、どういった方法が適切なのか分からない。企業法務について、こうしたお悩みをお持ちの経営職の方、管理職の方は決して少なくありません。 このページでは、企業法務にまつ...

  • リーガルチェックの重要性

    「中小企業のため、特別な契約については取引先から契約書を提示してもらっているが、リスクとなっていないだろうか。「取引にあたって契約書を提示したところ、修正の依頼をされてしまった。依頼内容に問題がないかどうかどのように判断するべきだろうか。契約書の内容について、こうしたお悩みをお持ちの経営職の方、管理職の方は決して...

  • 顧問弁護士がいるメリット

    顧問契約を結ぶ際には、基本的にその内容について記載された契約書を交わすことになります。 弁護士との顧問契約の内容は、弁護士事務所によりさまざまです。一般的には、毎月一定額の顧問料を支払うことで、着手金なしでいつでも法律相談をすることができるというものです。ただし、タイムチャージや諸経費については必要となる場合があ...

  • 予防法務とは

    予防法務の代表例としては、契約書の作成やチェックが挙げられます。契約書は、企業間、もしくは企業と顧客などとの間で取り決めた約束について、書面により残したものです。約束を書面として残すことで、その内容を相互に把握し、トラブルを回避する目的があるのです。 また、知的財産の権利の取得や侵害の確認も予防法務に該当します。...

  • 不動産トラブルを弁護士に相談するメリット

    不動産売買契約、 借地借家、不動産の明け渡し、立ち退き、 不動産相続に関してお悩みの方は是非一度を弁護士にご相談ください。弁護士は民法、借地借家法その他様々な法律に関して精通しておりますし、日頃から不動産に関する一般民事を扱っている弁護士であればそのような不動産関連の法律問題に関しても豊富な経験を有しています。

  • 不動産売買契約トラブル

    建物を売却した場合に、土地建物に不具合があってこのままでは利用できない、あるいは契約内容と異なった土地建物が給付されたなどの理由から相手方が契約不適合責任を追及してくるなどの不動産売買契約トラブルが発生することがあります。契約不適合責任は引き渡された目的物が種類品質に関して契約の内容に適合しないものである場合に追...

SEARCH KEYWORD

よく検索されるキーワード

LAWYER

弁護士紹介

弁護士 福岡祐樹

所属団体
第一東京弁護士会
注力分野

債権回収

介護事業(経営側)

不動産

企業法務

執務方針
依頼者の皆様のご依頼、ご要望を最大限実現するために、誠実に粘り強く取り組みます。
経歴
2002年3月 香川県立高松高等学校 卒業
2006年3月 東京大学法学部 卒業
2008年3月 東京大学大学院法学政治学研究科 卒業
2009年12月

弁護士登録(62期)

田辺総合法律事務所入所

2013年3月 民間企業へ社内弁護士として出向(2016年3月まで)
2016年4月 中嶋法律事務所入所
著書・講演 等

『【Q&A】大規模災害に備える企業法務の課題と実務対応』(清文社・共著)

『会社が労働審判手続を申し立てられた場合の実務対応』

(BUSINESS LAW JOURNAL 2012.3 No.48)

『病院・診療所経営の法律相談』(青林書院・共著)

『企業間契約交渉におけるトラブルと実務上の留意点~契約締結上の過失を中心に~』(BUSINESS LAW JOURNAL 2014.4 No.73)

『わかりやすい保育所運営の手引-Q&Aとトラブル事例-』

(新日本法規・共著)

『逐条 破産法・民事再生法の読み方』(商事法務・共著)

OFFICE

事務所概要

名称 中嶋法律事務所 弁護士 福岡祐樹(ふくおかゆうき)
所在地 〒162-0832 東京都新宿区岩戸町7番地1 牛込神楽坂駅前ビル5F
TEL 03-3260-3620
FAX 03-3269-1300
営業時間 9:30-18:00 ※時間外も対応可能です(要予約)
定休日 土・日・祝 ※休日も対応可能です(要予約)