土地 購入後 トラブル

  • 立ち退き・明け渡し問題

    不動産経営をしている際に賃借人が賃料を滞納している、あるいは近隣トラブルの原因となっている、その他不動産の価値を減少させるような行為を行っているような場合に不動産の立ち退き明け渡しを求めたいという場合にはぜひ弁護士に一度ご相談ください。不動産の立ち退き明け渡しを請求する際には賃貸借契約を解除し、賃貸借契約の終了に...

  • 借地借家トラブル

    不動産経営を行う際には賃料の滞納、賃料の増減額などの様々な借地借家トラブルが発生する恐れがあります。 ■賃料の滞納賃料の滞納の際には、まずは相手方に対して賃料支払の督促状を送付します。それでも賃料の支払いがない場合には内容証明郵便で賃料の支払いを請求します。内容証明郵便は内容、差出人、名宛人に関して証明がなされま...

  • 不動産売買契約トラブル

    建物を売却した場合に、土地建物に不具合があってこのままでは利用できない、あるいは契約内容と異なった土地建物が給付されたなどの理由から相手方が契約不適合責任を追及してくるなどの不動産売買契約トラブルが発生することがあります。契約不適合責任は引き渡された目的物が種類品質に関して契約の内容に適合しないものである場合に追...

  • 顧問弁護士がいるメリット

    例えば、会社でトラブルが発生するたびに新しく弁護士を探して、依頼していると、着手金や相談料が毎回発生してしまいます。また、初動が遅れてしまうために対応が後手に回ってしまい、損失が大きくなるといったことも考えられます。毎月の顧問料の支払いはありますが、トータルコストで考えると、結局のところ顧問弁護士の方が費用負担が...

  • 予防法務とは

    臨床法務は、会社が直面した法的なトラブルについて、その解決を図る役割のことをさします。 2つ目は、予防法務という役割です。予防法務は、会社が法的なトラブルに遭わないよう、法的トラブルを回避する役割のことをさします。このページでは、この予防法務について詳しくご説明いたします。 3つ目は、戦略法務という役割です。戦略...

  • 不動産相続トラブル

    現物分割の場合であれば土地などを相続人間で物理的に分割して相続することになります。この方法であれば、権利関係が複雑にならずに相続人が所有権を取得できますが土地があまりにも細かく分割されてしまうと資産価値が低下してしまう恐れがあります。代償分割は不動産を売却して売却代金を分割して相続するという方法です。金銭という形...

  • 介護事業のトラブルを弁護士に相談するメリット

    同じ介護事業のトラブルであっても介護・福祉の視点からだけでなく法的観点からのアドバイスを受けることでより多角的な視点からの対応が可能になりリスク管理を充実させられます。 ■外部者の視点からのアドバイス弁護士は施設の外部者であることから、より客観的な視点から問題を分析することに長けています。問題が大きくなる前に外部...

  • 職員による虐待事案発生時の事業リスクと対処方法

     中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県のお客様から介護事業のトラブルに関する相談を受け付けております。介護事業に明るい弁護士が対応いたします。介護事業のトラブルにお悩みの方は中嶋法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

  • クレーマーや不当要求の対処方法

     中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県のお客様から介護事業のトラブルに関する相談を受け付けております。介護事業に明るい弁護士が対応いたします。介護事業のトラブルにお悩みの方は中嶋法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

  • 介護事故の回避と対応方法

     中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県のお客様から介護事業のトラブルに関する相談を受け付けております。介護事業に明るい弁護士が対応いたします。介護事業のトラブルにお悩みの方は中嶋法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

  • 職員の労働問題とは

    このような特性から過剰なストレスや人間関係のトラブルが生じやすく最悪の場合、サービスの利用者に対して虐待をしてしまうという事態も起こりえます。介護職員とサービス利用者の安全を守るという観点からコンプライアンス体制やメンタルヘルスを充実させていく必要があります。 中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、...

  • 債権の種類

    例えば、土地や中古品など、物の個性に着目した売買で、買主が売主に対して売買の対象となった物を引き渡すように求めることができます。 他方で、種類債権とは、一定の種類に属する物を一定量引き渡すことを目的とする債権です。例えば、あるメーカーのHBの鉛筆5本を売買契約の内容とするような場合です。また種類債権の中でも特定の...

SEARCH KEYWORD

よく検索されるキーワード

LAWYER

弁護士紹介

弁護士 福岡祐樹

所属団体
第一東京弁護士会
注力分野

債権回収

介護事業(経営側)

不動産

企業法務

執務方針
依頼者の皆様のご依頼、ご要望を最大限実現するために、誠実に粘り強く取り組みます。
経歴
2002年3月 香川県立高松高等学校 卒業
2006年3月 東京大学法学部 卒業
2008年3月 東京大学大学院法学政治学研究科 卒業
2009年12月

弁護士登録(62期)

田辺総合法律事務所入所

2013年3月 民間企業へ社内弁護士として出向(2016年3月まで)
2016年4月 中嶋法律事務所入所
著書・講演 等

『【Q&A】大規模災害に備える企業法務の課題と実務対応』(清文社・共著)

『会社が労働審判手続を申し立てられた場合の実務対応』

(BUSINESS LAW JOURNAL 2012.3 No.48)

『病院・診療所経営の法律相談』(青林書院・共著)

『企業間契約交渉におけるトラブルと実務上の留意点~契約締結上の過失を中心に~』(BUSINESS LAW JOURNAL 2014.4 No.73)

『わかりやすい保育所運営の手引-Q&Aとトラブル事例-』

(新日本法規・共著)

『逐条 破産法・民事再生法の読み方』(商事法務・共著)

OFFICE

事務所概要

名称 中嶋法律事務所 弁護士 福岡祐樹(ふくおかゆうき)
所在地 〒162-0832 東京都新宿区岩戸町7番地1 牛込神楽坂駅前ビル5F
TEL 03-3260-3620
FAX 03-3269-1300
営業時間 9:30-18:00 ※時間外も対応可能です(要予約)
定休日 土・日・祝 ※休日も対応可能です(要予約)