介護 訴訟

  • 不動産トラブルを弁護士に相談するメリット

    さらに、訴訟額の大小や事案に関わりなく訴訟代理人となれるのは数ある士業の中でも弁護士だけですから、訴訟額が大きく大規模な訴訟となる場合であっても弁護士に依頼をしておけばもれなく対応することが可能になります。そのため、どのような不動産問題であっても、不動産問題は日頃から取り扱っている弁護士に相談しておけば安心です。...

  • 借地借家トラブル

    それでも支払いがない場合には訴訟などの手続きによって強制的に賃料を回収することになります。 ■賃料の増額借地借家法第32条は、建物の借賃が、土地若しくは建物に対する租税その他の負担の増減により、土地若しくは建物の価格の上昇若しくは低下その他の経済事情の変動により、又は近傍同種の建物の借賃に比較して不相当となったと...

  • 職員による虐待事案発生時の事業リスクと対処方法

    また虐待被害者やその家族から損害賠償を求める民事訴訟が提起されることも考えられます。またこれらのリスクに加えて報道などによって施設の信用が損なわれる危険も生じます。 ■虐待への対応万が一虐待が発生した場合に備えてマニュアルを作成しておくなど施設として予め対応を決めておくことが求められます。事前に対応が定まっている...

  • 企業法務を弁護士に依頼するメリット

    その後、公害問題など企業の不祥事と訴訟の増加を背景として、企業内で法的な素養を持ち、法令に適した事業活動のサポートを行える人材の必要性が高まり、現在の法務部につながっているのです。 このような歴史的な背景と、法律を修養してきた人材の確保の難しさ、法的な人材育成の難しさ、といった要素が絡み合い、法務部が小規模なもの...

  • リーガルチェックの重要性

    例えば、遠方の取引先との契約において、自社の本社は東京にあるにも関わらず、専属的合意管轄裁判所が取引先の管轄裁判所となっていると、万が一訴訟が起こった際の対応に非常に手間がかかります。こうした事態を避けるため、契約の条項一つ一つを丁寧にみていくのです。また、基本的なことではありますが、契約相手の名義や印影に不備が...

  • 予防法務とは

    逆に、知らず知らずのうちに他社の権利を侵害していれば、ロイヤリティの支払いを求めて訴訟を起こされてしまう可能性もあります。こうしたリスクを考えると、知的財産権について事前に確認しておくことも、重要な予防法務の一つといえるでしょう。 予防法務は、まさに法律を利用したリスクマネジメントの業務なのです。 弁護士・福岡 ...

  • 不動産相続トラブル

    中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県で債権回収、介護事業、不動産、企業法務など法律問題全般について対応しています。豊富な経験を有する弁護士がご依頼者様に寄り添って法律問題を解決しますので何かお困りの事がございましたらお気軽に当事務所までご相談下...

  • 立ち退き・明け渡し問題

    中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県で債権回収、介護事業、不動産、企業法務など法律問題全般について対応しています。豊富な経験を有する弁護士がご依頼者様に寄り添って法律問題を解決しますので何かお困りの事がございましたらお気軽に当事務所までご相談下...

  • 不動産売買契約トラブル

    中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県で債権回収、介護事業、不動産、企業法務など法律問題全般について対応しています。豊富な経験を有する弁護士がご依頼者様に寄り添って法律問題を解決しますので何かお困りの事がございましたらお気軽に当事務所までご相談下...

  • 介護事業のトラブルを弁護士に相談するメリット

    介護職員の方は介護・福祉の専門家ですが、弁護士は法律の専門家です。同じ介護事業のトラブルであっても介護・福祉の視点からだけでなく法的観点からのアドバイスを受けることでより多角的な視点からの対応が可能になりリスク管理を充実させられます。 ■外部者の視点からのアドバイス弁護士は施設の外部者であることから、より客観的な...

  • クレーマーや不当要求の対処方法

     中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県のお客様から介護事業のトラブルに関する相談を受け付けております。介護事業に明るい弁護士が対応いたします。介護事業のトラブルにお悩みの方は中嶋法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

  • 介護事故の回避と対応方法

    介護事故発生時の対応必要な対策をしていたにもかかわらず、介護事故が発生してしまった場合には誠実に対応し職員や行政機関からの信頼を維持する必要があります。直ちに「労働者死傷報告書」「事故報告書」など必要な届出を労基署などの行政機関に行ったうえで、傷病を負った従業員が労災申請をするために必要な指導・支援を行いましょ...

  • 職員の労働問題とは

    介護職員の労働災害介護は一般的に大きな負荷がかかる職業です。それゆえに、業務を原因とした傷病が発生しやすい傾向があります。従業員の安全確保は使用者の義務であることから、他の業種以上に安全衛生状態の維持改善と労災発生時の対応に気をつける必要があります。 ■労働時間の管理と賃金計算近年、介護業界は人不足の状態が続い...

  • 弁護士に債権回収を依頼するメリット

    調停や和解、訴訟など、法律相談から問題解決までの過程にすべて関わることができるのは基本的に弁護士だけです。行政書士や司法書士、税理士などの士業では、業務として行える範囲は決まっており、事件の推移によっては新たに別の専門家に頼まなければならないこともあります。弁護士は、法律業務の全般を行うことが法律上許されており、...

  • 売掛金の未払い発生時、早めに回収すべき理由とは

    取引先に確認の連絡を入れ、未払い売掛金の支払にいつ応じるかなどを話し合い、うまく合意形成ができないならば、弁護士に相談した上、調停手続きや訴訟手続きに移行することを検討するようにしましょう。 弁護士・福岡 祐樹(中嶋法律事務所)は、債権回収をめぐる様々なお悩みにお応えいたします。新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、...

  • 債権回収の方法と流れ

    債権を回収する場合、いきなり訴訟で解決しようとするのではなく、まずは当事者の話し合いで解決できないかを探ることになります。よく用いられる手段としては、電話を使って、債務者に対して借金の返済をするよう督促することです。最も簡便な方法であり、話し合いがまとまれば、その内容を借用書や債務承諾書などの書面にするようにしま...

SEARCH KEYWORD

よく検索されるキーワード

LAWYER

弁護士紹介

弁護士 福岡祐樹

所属団体
第一東京弁護士会
注力分野

債権回収

介護事業(経営側)

不動産

企業法務

執務方針
依頼者の皆様のご依頼、ご要望を最大限実現するために、誠実に粘り強く取り組みます。
経歴
2002年3月 香川県立高松高等学校 卒業
2006年3月 東京大学法学部 卒業
2008年3月 東京大学大学院法学政治学研究科 卒業
2009年12月

弁護士登録(62期)

田辺総合法律事務所入所

2013年3月 民間企業へ社内弁護士として出向(2016年3月まで)
2016年4月 中嶋法律事務所入所
著書・講演 等

『【Q&A】大規模災害に備える企業法務の課題と実務対応』(清文社・共著)

『会社が労働審判手続を申し立てられた場合の実務対応』

(BUSINESS LAW JOURNAL 2012.3 No.48)

『病院・診療所経営の法律相談』(青林書院・共著)

『企業間契約交渉におけるトラブルと実務上の留意点~契約締結上の過失を中心に~』(BUSINESS LAW JOURNAL 2014.4 No.73)

『わかりやすい保育所運営の手引-Q&Aとトラブル事例-』

(新日本法規・共著)

『逐条 破産法・民事再生法の読み方』(商事法務・共著)

OFFICE

事務所概要

名称 中嶋法律事務所 弁護士 福岡祐樹(ふくおかゆうき)
所在地 〒162-0832 東京都新宿区岩戸町7番地1 牛込神楽坂駅前ビル5F
TEL 03-3260-3620
FAX 03-3269-1300
営業時間 9:30-18:00 ※時間外も対応可能です(要予約)
定休日 土・日・祝 ※休日も対応可能です(要予約)