コンプライアンス 違反 リスク

  • コンプライアンス体制構築の重要性

    「従業員に対してコンプライアンス研修を実施したいと考えているが、どういった方法が効果的なのだろうか。「内部通報制度を整備しているが、有効に機能しているかどうか分からない。より適切な制度設計は可能だろうか。コンプライアンス体制について、こうしたお悩みをお持ちの経営職の方、管理職の方は決して少なくありません。 このペ...

  • 企業法務を弁護士に依頼するメリット

    企業法務に該当する業務の例としては、契約書の作成やリーガルチェック、株式の譲渡や株主総会の開催、倒産が懸念される取引先からの債権回収、顧客との紛争解決、コンプライアンス体制の構築など、幅広い業務があります。このように、企業法務に該当する業務が幅広いために、多くの方が企業法務について理解しづらいと感じられてしまって...

  • リーガルチェックの重要性

    「中小企業のため、特別な契約については取引先から契約書を提示してもらっているが、リスクとなっていないだろうか。「取引にあたって契約書を提示したところ、修正の依頼をされてしまった。依頼内容に問題がないかどうかどのように判断するべきだろうか。契約書の内容について、こうしたお悩みをお持ちの経営職の方、管理職の方は決して...

  • 予防法務とは

    こうしたリスクを考えると、知的財産権について事前に確認しておくことも、重要な予防法務の一つといえるでしょう。 予防法務は、まさに法律を利用したリスクマネジメントの業務なのです。 弁護士・福岡 祐樹(中嶋法律事務所)は、企業法務をめぐる様々なお悩みにお応えいたします。新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区(東西線...

  • 不動産相続トラブル

    金銭という形で相続するので分割が行いやすいですが、不動産に買い手がつかず、なかなか売却できないというリスクもあります。不動産を相続人全員の共有としてしまう方法もあります。この方法であれば相続人の公平が保たれるとも考えられますが権利関係が複雑になってしまい紛争が発生してしまう恐れもあります。代償分割相続人のうち一人...

  • 介護事業のトラブルを弁護士に相談するメリット

    同じ介護事業のトラブルであっても介護・福祉の視点からだけでなく法的観点からのアドバイスを受けることでより多角的な視点からの対応が可能になりリスク管理を充実させられます。 ■外部者の視点からのアドバイス弁護士は施設の外部者であることから、より客観的な視点から問題を分析することに長けています。問題が大きくなる前に外部...

  • 職員による虐待事案発生時の事業リスクと対処方法

    ■職員による虐待によって生じる事業リスク市町村は虐待の通報を受けると施設に対して必要な調査を行います。そして虐待が判明すると改善を求める行政指導を行います。そのうえで、改善に向けた取り組みを文書で報告するよう求められる場合もあります。指導を行ったにもかかわらず、改善がみられない場合には法令に基づき勧告や命令、指定...

  • 職員の労働問題とは

    介護職員とサービス利用者の安全を守るという観点からコンプライアンス体制やメンタルヘルスを充実させていく必要があります。 中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県のお客様から介護事業のトラブルに関する相談を受け付けております。介護事業に明るい弁護士が...

  • 売掛金の未払い発生時、早めに回収すべき理由とは

    判断や対応が遅れてしまうと、回収できた売掛債権が不良債権となってしまうリスクがあります。 このため、取引先に未払い等が生じた場合は、迅速に対応しなければなりません。取引先に確認の連絡を入れ、未払い売掛金の支払にいつ応じるかなどを話し合い、うまく合意形成ができないならば、弁護士に相談した上、調停手続きや訴訟手続きに...

SEARCH KEYWORD

よく検索されるキーワード

LAWYER

弁護士紹介

弁護士 福岡祐樹

所属団体
第一東京弁護士会
注力分野

債権回収

介護事業(経営側)

不動産

企業法務

執務方針
依頼者の皆様のご依頼、ご要望を最大限実現するために、誠実に粘り強く取り組みます。
経歴
2002年3月 香川県立高松高等学校 卒業
2006年3月 東京大学法学部 卒業
2008年3月 東京大学大学院法学政治学研究科 卒業
2009年12月

弁護士登録(62期)

田辺総合法律事務所入所

2013年3月 民間企業へ社内弁護士として出向(2016年3月まで)
2016年4月 中嶋法律事務所入所
著書・講演 等

『【Q&A】大規模災害に備える企業法務の課題と実務対応』(清文社・共著)

『会社が労働審判手続を申し立てられた場合の実務対応』

(BUSINESS LAW JOURNAL 2012.3 No.48)

『病院・診療所経営の法律相談』(青林書院・共著)

『企業間契約交渉におけるトラブルと実務上の留意点~契約締結上の過失を中心に~』(BUSINESS LAW JOURNAL 2014.4 No.73)

『わかりやすい保育所運営の手引-Q&Aとトラブル事例-』

(新日本法規・共著)

『逐条 破産法・民事再生法の読み方』(商事法務・共著)

OFFICE

事務所概要

名称 中嶋法律事務所 弁護士 福岡祐樹(ふくおかゆうき)
所在地 〒162-0832 東京都新宿区岩戸町7番地1 牛込神楽坂駅前ビル5F
TEL 03-3260-3620
FAX 03-3269-1300
営業時間 9:30-18:00 ※時間外も対応可能です(要予約)
定休日 土・日・祝 ※休日も対応可能です(要予約)