不動産相続トラブル

不動産の相続に際しては様々な問題が発生する恐れがあります。具体的には不動産の資産価値の把握、不動産の分割方法に関して問題となることが多いです。

 

■不動産の資産価値の把握
相続をする際の相続財産の把握及び遺産分割協議に際しては不動産の資産価値をしっかりと適正に把握しておく必要があります。不動産の資産価値を不当に高く、あるいは低く見積もってしまった場合には相続人間で不公平な相続が行われてしまい、紛争が発生してしまいかねません。
さらに相続税の申告及び納付の際にも不動産の価値を誤って評価してしまった場合には相続税の申告を誤ってしまい過誤納付に繋がりかねません。過少に申告して相続税を全額納付していなかった場合には税務調査が行われ、延滞税、重加算税、無申告加算税などを支払わなければならない恐れがあります。
不動産の資産価値は個人で調査するのは困難な場合も多いですから、そのような場合には専門家に調査を依頼をすることをお勧めします。

 

■不動産の分割方法
不動産の分割方法には現物分割、換価分割、共有、代償分割などの方法があります。 それぞれの方法にはメリットデメリットがあり、事案に応じてしっかりと分割方法を選択する必要があります。
現物分割の場合であれば土地などを相続人間で物理的に分割して相続することになります。この方法であれば、権利関係が複雑にならずに相続人が所有権を取得できますが土地があまりにも細かく分割されてしまうと資産価値が低下してしまう恐れがあります。
代償分割は不動産を売却して売却代金を分割して相続するという方法です。金銭という形で相続するので分割が行いやすいですが、不動産に買い手がつかず、なかなか売却できないというリスクもあります。
不動産を相続人全員の共有としてしまう方法もあります。この方法であれば相続人の公平が保たれるとも考えられますが権利関係が複雑になってしまい紛争が発生してしまう恐れもあります。
代償分割相続人のうち一人が不動産を相続し、残りの相続人は不動産を相続したものから金銭を受け取るという形の分割方法があります。この方法であれば不動産を残しつつも公平な相続を行うことが可能となりますが、不動産を相続する相続人が他の相続人に対して金銭を支払うだけの金銭的な余裕がなければこの方法を選択することができません。

 

このように不動産の相続に際しては様々な問題が発生する恐れがあります。不動産相続に関して何かお困りのことがありましたら、相続に関する豊富な知識を有する弁護士にご相談ください。

 

中嶋法律事務所では新宿区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県で債権回収、介護事業、不動産、企業法務など法律問題全般
について対応しています。
豊富な経験を有する弁護士がご依頼者様に寄り添って法律問題を解決しますので何かお困りの事がございましたらお気軽に当事務所までご相談下さい。

SEARCH KEYWORD

よく検索されるキーワード

LAWYER

弁護士紹介

弁護士 福岡祐樹

所属団体
第一東京弁護士会
注力分野

債権回収

介護事業(経営側)

不動産

企業法務

執務方針
依頼者の皆様のご依頼、ご要望を最大限実現するために、誠実に粘り強く取り組みます。
経歴
2002年3月 香川県立高松高等学校 卒業
2006年3月 東京大学法学部 卒業
2008年3月 東京大学大学院法学政治学研究科 卒業
2009年12月

弁護士登録(62期)

田辺総合法律事務所入所

2013年3月 民間企業へ社内弁護士として出向(2016年3月まで)
2016年4月 中嶋法律事務所入所
著書・講演 等

『【Q&A】大規模災害に備える企業法務の課題と実務対応』(清文社・共著)

『会社が労働審判手続を申し立てられた場合の実務対応』

(BUSINESS LAW JOURNAL 2012.3 No.48)

『病院・診療所経営の法律相談』(青林書院・共著)

『企業間契約交渉におけるトラブルと実務上の留意点~契約締結上の過失を中心に~』(BUSINESS LAW JOURNAL 2014.4 No.73)

『わかりやすい保育所運営の手引-Q&Aとトラブル事例-』

(新日本法規・共著)

『逐条 破産法・民事再生法の読み方』(商事法務・共著)

OFFICE

事務所概要

名称 中嶋法律事務所 弁護士 福岡祐樹(ふくおかゆうき)
所在地 〒162-0832 東京都新宿区岩戸町7番地1 牛込神楽坂駅前ビル5F
TEL 03-3260-3620
FAX 03-3269-1300
営業時間 9:30-18:00 ※時間外も対応可能です(要予約)
定休日 土・日・祝 ※休日も対応可能です(要予約)