クレーム 対応 電話

  • クレーマーや不当要求の対処方法

    サービスの改善につながるクレームや自らに落ち度がある事項に対する苦情は真摯に対応することが望まれます。一方で、過剰なクレームや不当な要求を強要しようとするクレーム、職員や施設を不当に攻撃することを目的とするクレームには、職員の身体的精神的な安全を守るためにも毅然と対応することが求められます。クレーマーには「職員の...

  • クレーム対応

    近年、SNSの普及により、企業に対するクレームが言いやすい時代となりました。これに伴い、クレーム対応に追われている企業は少なくありません。クレームはもともと、企業を成長させる要素となるお客様からの生の声としての機能を果たすものでしたが、最近ではクレームとは名ばかりの文句や嫌がらせといったものも増加しています。また...

  • 企業法務を弁護士に依頼するメリット

    取引先との一般的な契約であれば、民法や商法ですが、株式に関しては会社法を参照するように、それぞれ個別具体的に法令に則り対応していく必要があります。そのすべてを少人数の法務担当者で処理することは、現実的ではありませんし、ミスの発生や間違った対応となってしまう可能性も高くなってしまいます。弁護士は、法律と交渉について...

  • コンプライアンス体制構築の重要性

    そこで、会社において、コンプライアンス違反が起きた際に対応できるような体制を構築しておく必要があります。例えば、内部通報制度の構築や、外部窓口の設置、監査の実施や、違反した場合についての社内規則の制定などです。コンプライアンス体制を十分に整備しておくことで、より従業員一人ひとりの意識向上にもつながり、リスク低減に...

  • リーガルチェックの重要性

    例えば、遠方の取引先との契約において、自社の本社は東京にあるにも関わらず、専属的合意管轄裁判所が取引先の管轄裁判所となっていると、万が一訴訟が起こった際の対応に非常に手間がかかります。こうした事態を避けるため、契約の条項一つ一つを丁寧にみていくのです。また、基本的なことではありますが、契約相手の名義や印影に不備が...

  • 顧問弁護士がいるメリット

    また、初動が遅れてしまうために対応が後手に回ってしまい、損失が大きくなるといったことも考えられます。毎月の顧問料の支払いはありますが、トータルコストで考えると、結局のところ顧問弁護士の方が費用負担が少ない場合が多いのです。 弁護士との顧問契約によるメリットの2つ目としては、会社のことをよく理解した弁護士に相談でき...

  • 不動産トラブルを弁護士に相談するメリット

    さらに、訴訟額の大小や事案に関わりなく訴訟代理人となれるのは数ある士業の中でも弁護士だけですから、訴訟額が大きく大規模な訴訟となる場合であっても弁護士に依頼をしておけばもれなく対応することが可能になります。そのため、どのような不動産問題であっても、不動産問題は日頃から取り扱っている弁護士に相談しておけば安心です。...

  • 不動産相続トラブル

    について対応しています。豊富な経験を有する弁護士がご依頼者様に寄り添って法律問題を解決しますので何かお困りの事がございましたらお気軽に当事務所までご相談下さい。

  • 立ち退き・明け渡し問題

    賃借人が賃料を滞納している、使い方が悪い、近隣トラブルの原因となっている、その他不動産の価値を減少させるような行為を行っているときは,どのように対応すべきでしょうか。 まず、賃借人に対し、問題の是正を求めます。口頭で是正を求めてもよいですが、後の証拠とするために、書面等で行うのがよいでしょう。賃借人が応じずに問題...

  • 借地借家トラブル

    について対応しています。豊富な経験を有する弁護士がご依頼者様に寄り添って法律問題を解決しますので何かお困りの事がございましたらお気軽に当事務所までご相談下さい。

  • 不動産売買契約トラブル

    について対応しています。豊富な経験を有する弁護士がご依頼者様に寄り添って法律問題を解決しますので何かお困りの事がございましたらお気軽に当事務所までご相談下さい。

  • 介護事業のトラブルを弁護士に相談するメリット

    同じ介護事業のトラブルであっても介護・福祉の視点からだけでなく法的観点からのアドバイスを受けることでより多角的な視点からの対応が可能になりリスク管理を充実させられます。 ■外部者の視点からのアドバイス弁護士は施設の外部者であることから、より客観的な視点から問題を分析することに長けています。問題が大きくなる前に外部...

  • 職員による虐待事案発生時の事業リスクと対処方法

    ■虐待への対応万が一虐待が発生した場合に備えてマニュアルを作成しておくなど施設として予め対応を決めておくことが求められます。事前に対応が定まっていると迅速かつ適切な対応が可能になります。利用者や職員から報告を受けた管理者は、まず被害者の安全を確保する必要があります。治療やケア必要がある場合には迅速に手配しましょう...

  • 介護事故の回避と対応方法

    介護事業者としては、普段からその発生の防止に努めるとともに、万が一、介護事故が発生してしまった場合には適切な対応が必要になります。 介護事業者としては、平常時から弁護士によるリーガルチェックを受けておくことにより、危機管理体制の構築でき、介護事故の予防や従業員が安心して働ける環境を構築することができます。 また、...

  • 職員の労働問題とは

    従業員の安全確保は使用者の義務であることから、他の業種以上に安全衛生状態の維持改善と労災発生時の対応に気をつける必要があります。 ■労働時間の管理と賃金計算近年、介護業界は人不足の状態が続いており労働者1人あたりの勤務時間が長時間かつ不規則になりやすい状態にあります。また施設によっては24時間体制の対応が求められ...

  • 弁護士に債権回収を依頼するメリット

    弁護士は法律のプロであり、債権回収をめぐる様々な法令に精通し、また最新の判例にも対応しています。特に近年、民法に大きな改正があり、債権法に至っては「明治の民法制定以来の大改正」と称されるほど、重大かつ多くの分野で改正が行われました。実務でもその影響があり、2020年(令和2年)4月1日以降に生じた債権については、...

  • 売掛金の未払い発生時、早めに回収すべき理由とは

    判断や対応が遅れてしまうと、回収できた売掛債権が不良債権となってしまうリスクがあります。 このため、取引先に未払い等が生じた場合は、迅速に対応しなければなりません。取引先に確認の連絡を入れ、未払い売掛金の支払にいつ応じるかなどを話し合い、うまく合意形成ができないならば、弁護士に相談した上、調停手続きや訴訟手続きに...

  • 債権回収の方法と流れ

    よく用いられる手段としては、電話を使って、債務者に対して借金の返済をするよう督促することです。最も簡便な方法であり、話し合いがまとまれば、その内容を借用書や債務承諾書などの書面にするようにしましょう。電話がつながらない相手に対しては、相手方の事務所や自宅を直接訪問して返済を求める方法があります。ただし、相手方に警...

  • 契約書の作成

    中嶋法律事務所では新宿区、中央区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県のお客様から企業法務に関する相談を受け付けております。 企業法務に明るい弁護士が対応いたします。企業法務のトラブルにお悩みの方は中嶋法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

  • 強制執行(差押え)

    中嶋法律事務所では新宿区、中央区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県のお客様から債権回収に関する相談を受け付けております。 債権回収に明るい弁護士が対応いたします。債権回収のトラブルにお悩みの方は中嶋法律事務所までお気軽にお問い合わせください。

  • ハラスメントの定義や対策方法

    当事務所では、新宿区、中央区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に、様々なご相談を承っております。 当事務所においてもハラスメント対応に関するサポートを行なっております。ハラスメント対応でお困りの方はぜひ一度、弁護士 福岡祐樹(中嶋法律事務所)までご相談ください。

  • 不動産売買契約書作成時のポイント

    当事務所では、新宿区、中央区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に、様々なご相談を承っており、不動産売買契約書の作成に関するサポートも行なっております。 親身に対応させていただきますので、是非、弁護士 福岡祐樹(中嶋法律事務所)にお気軽にご相談ください。

  • 事業用の建物賃貸借契約書を作成する際のポイント

    当事務所では、新宿区、中央区、文京区、千代田区、渋谷区、江東区を中心に、様々なご相談を承っており、契約書のリーガルチェックも承っております。 親身に対応させていただきますので、是非、弁護士 福岡祐樹(中嶋法律事務所)にお気軽にご相談ください。

SEARCH KEYWORD

よく検索されるキーワード

LAWYER

弁護士紹介

弁護士 福岡祐樹

所属団体
第一東京弁護士会
注力分野

債権回収

介護事業(経営側)

不動産

企業法務

執務方針
依頼者の皆様のご依頼、ご要望を最大限実現するために、誠実に粘り強く取り組みます。
経歴
2002年3月 香川県立高松高等学校 卒業
2006年3月 東京大学法学部 卒業
2008年3月 東京大学大学院法学政治学研究科 卒業
2009年12月

弁護士登録(62期)

田辺総合法律事務所入所

2013年3月 民間企業へ社内弁護士として出向(2016年3月まで)
2016年4月 中嶋法律事務所入所
著書・講演 等

『【Q&A】大規模災害に備える企業法務の課題と実務対応』(清文社・共著)

『会社が労働審判手続を申し立てられた場合の実務対応』

(BUSINESS LAW JOURNAL 2012.3 No.48)

『病院・診療所経営の法律相談』(青林書院・共著)

『企業間契約交渉におけるトラブルと実務上の留意点~契約締結上の過失を中心に~』(BUSINESS LAW JOURNAL 2014.4 No.73)

『わかりやすい保育所運営の手引-Q&Aとトラブル事例-』

(新日本法規・共著)

『逐条 破産法・民事再生法の読み方』(商事法務・共著)

OFFICE

事務所概要

名称 中嶋法律事務所 弁護士 福岡祐樹(ふくおかゆうき)
所在地 〒162-0832 東京都新宿区岩戸町7番地1 牛込神楽坂駅前ビル5F
TEL 03-3260-3620
FAX 03-3269-1300
営業時間 9:30-18:00 ※時間外も対応可能です(要予約)
定休日 土・日・祝 ※休日も対応可能です(要予約)